デザイン

【Illustrator】 時短用モックアップ作成 カップドリンク編

北野敦子
北野敦子
2021/02/01 14:53

はじめに

イメージチェックにも使えるモックアップ。
様々なモックアップがいろいろなサイトやサービスで配布されていて使用している方も多くいると思います。
しかし、適したモックアップを探してダウンロードして適応してと意外と時間がかかってしまうことも多々あります。
今回は、そんな時間を短縮できるIllustratorで簡単に作れてしまうテイクアウトカップでよく使われる蓋付きカップドリンクのモックアップの作り方をご紹介していきます。

1.ベクターオブジェクトを作成

蓋部分、カップ部分と2つに別れた半面のオブジェクトを作成します。

2.3D化

それぞれに別々で3Dの効果(効果>3D>回転体)をかけ、ベクターパスの微調整を行います。
以下の設定で3D効果を設定しました。

3.デザインの素材を準備する

カップに落とし込むデザイン素材を準備します。
ここではPixabayのフリー素材を使用しました。

4.シンボル化

デザイン素材をシンボル化します。
ウインドウ>シンボルでシンボルパネルを出し、デザイン素材を選択、シンボルパネルにドラッグ&ドロップします。

5.シンボルを反映(マッピング)

カップ面を選択し、アピアランスから3D回転体を選択、マッピングから「アートをマップ」パネルを出し、デザインを配置する面を選択します。
シンボル横のプルダウンから作成したシンボルを選択し、中央の設定画面で位置、大きさを調整します。
調整後、「アートワークに陰影を適応」にチェックを入れ、OKでマップの調整を終了します。
説明用にカップ面と蓋面をわかりやすい色にしていましたが、ここで任意の色に変更しました。

6.ライティングの調整

3D回転オプションパネルに戻ったら、詳細オプションをクリックし、ライティングを調整します。
球体の下にある矢印で光、影をスイッチ、+でポイント追加をします。
また右側の数値を目視で確認しつつ調整し、ライティング調整を行います。
また、ここでブレンドの諧調を調整することで滑らかなグラデーションに仕上げることができます。

7.シンボルの変更

シンボルを変更したい場合は、シンボルパネルにあるシンボルをダブルクリックし、シンボルに編集を加えることもできます。

まとめ

今回は、イラストや、デザイン提案用に使えるカップドリンクのモックアップをillustratorで作成する方法をご紹介しました。
同じ方法で缶のモックアップ の制作も可能です。
対象な形を持つオブジェクトであれば、数多くのサイトから探すよりも自分で作ってしまった方が時短になる場合もあるのでぜひ試してみてください。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator】 時短用モックアップ作成 カップドリンク編