デザイン

【Adobe Illustrator】アートブラシで伸びるイラストを作る

北野敦子
北野敦子
2020/12/31 04:50

はじめに

今回はアートブラシを利用した伸びるイラストの制作をご紹介していきます。
オブジェクトをブラシに設定してしまうことで、今後の汎用性が抜群に上がるので装飾の一種として活用しやすくなります。

1.イラストを設定

まずはベースとなるイラストを準備します。
ここではPixabayから猫のシルエットを入手してきました。

2.イラストを分断する

始点と終点部分になるようイラストを2つに分断します。
違和感が起こりにくそうな位置を見つけ、ペンツールで線を引き、イラストのオブジェクトと線を選択した状態でパスファインダーから分割を選択します。

3.つなぎ目部分を作る

2つに割ったイラストを少し遠ざけて配置し直し、中央に長方形を配置します。
この時にラインの両サイドをオブジェクトの幅に合わせ違和感がないよう調整します。

4.ブラシの登録

オブジェクトを全て選択した状態でブラシパネルの+をクリックし、アートブラシを選択します。

5.オプション設定

ブラシ伸縮オプションからガイド間で伸縮を選択し、オブジェクトに変化のない引き伸ばしたお腹部分をガイド間として設定します。
ここで折り重なりの扱いをオブジェクトに合わせて変更しブラシの設定を完了します。

まとめ

これでイラストをブラシにしてあしらいとして使用しやすくなりました。
上下が対象でないオブジェクトの場合、向きを変えたいときは、元々のオブジェクトを反転させて再度ブラシ設定するか、先に逆方向で線で描いてから、オブジェクト>パス>パスのアウトラインでアウトライン化を行い反転させることで向きが逆になったオブジェクトを作成することができます。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Adobe Illustrator】アートブラシで伸びるイラストを作る