デザイン

【Illustrator簡単小技】パスの太さの調整

北野敦子
北野敦子
2020/11/11 10:18

はじめに

今回はIllustratorベクターイラストテクニックとしてパスの太さの調整など、イラストを簡単に1ランクアップさせることができる小技をご紹介します。
イラストに少しの調整を加えるだけで少し味のあるイラストに仕上げることができます。

1.イラストを準備

ベクターイラストを用意します。

2.パスの太さを調整

【Shift+w】>アンカーポイントにカーソルを置きその部分をドラッグすることで部分的にパスの太さを変更できます。複数箇所に太さの変更を加え、強弱をつけます。

2.影部分を作成

任意で影にしたい部分をグレー色を線カラーにしたブラシツールで大まかになぞり、その下に位置するイラストのオブジェクトを複製、その副成分を最前面に位置替えし、ブラシツールの線を合わせて選択後、右クリックでクリッピングマスクを作成。透明パネルから乗算に変更し、透明度を調整します。

3明るい部分を作成

2の工程と同様に次は明るい部分を作成します。
この場合、一度任意の色で色を明るくしたい部分を覆うパスを作成、その下にある元のオブジェクトの塗りカラーに変更、編集>カラーを編集>プリセットで再配色>1カラージョブ…を選択、オブジェクトを再配色のパネルからHSBの調整を行うことで元のカラーのドミナントカラーを作成することができます。

まとめ

この3工程で単調なイラストから少しキャラクター味の増したイラストにアップデートできます。
簡単な3ステップですので機会があれば試してみてはいかがでしょうか。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator簡単小技】パスの太さの調整