デザイン

【Photoshop】さくっと簡単、1分でできる人物切り抜き

北野敦子
北野敦子
2020/07/01 08:38

はじめに

2020年6月のリリースでPhotoshopデスクトップ版のボタン一つで被写体のみを選択する【被写体の選択】の機能向上と高速化がなされました。
このリリースで髪の毛のような細かな部分にもより正確な自動選択ができるようなりました。今回はそんな被写体の選択方法をご紹介していきます。

1.選択とマスク

選択ツールもしくは自動選択ツールを選択している際に右上部に表示される【選択とマスク】をクリックします。

2.被写体を選択

上部オプションバーに表示される【被写体を選択】をクリックします。

3.微調整

プオパティパネルやクイック選択ツール、境界線調整googlehツールなどを使い、被写体に合わせて微調整します。
OKをクリックしパネルを終了、選択状態にします。

5.マスクがけ

クリッピングマスクでマスクがけを行います。

6.微調整

必要であれば、マスクがかかった状態でさらにレイヤーマスクサムネイルを選択し、クリッピングマスクの微調整を行います。

まとめ

今回は綺麗な切り抜きを実行するために2回微調整工程を加えていますが、被写体によってはそのままで使用可能なほど美しく切り抜きできます。
また、アタリ用であれば調整する必要もなく余裕で使用できるクオリティです。
年々精度が上がってきている選択機能は製作工程をお大幅にカットできます。常に最新のアップデートに注目して時短を加速させていきましょう。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Photoshop】さくっと簡単、1分でできる人物切り抜き