デザイン

【Illustrator CC新機能】パスの単純化でデータサイズを軽減する

北野敦子
北野敦子
2019/10/31 11:01

はじめに

今回は、今年の9月のアップデートでillustrator CCに新たに加わった機能、パスの単純化の方法をご紹介します。
オブジェクトパスの単純化を行うことによって、データの複雑さをなくし、すっきりとしたデータの作成が可能になります。

1.オブジェクトの選択

パスの単純化を行いたいオブジェクトを選択ツールで選択状態にします。

2.単純化

オブジェクト>パス>単純化で単純化を行うダイアログボックスを表示します。
このダイアログボックスで細かな変更を行うのですが、自動単純化では、コーナーポイントの角度のしきい値が緩くなっているので見た目が変わってしまいます。そこで右端の詳細オプションから、コーナーポイントの角度のしきい値をシャープにすることが重要です。

まとめ

オブジェクトのパスが複雑であればあるほど、処理速度も落ちるので1工程ごとにかかる操作時間がかかってしますます。
これにより、パスのアンカーポイントが無数にあったオブジェクトを軽くできるので、負荷の軽減が望めます。
しかし、もともとのパスの少ないオブジェクトで試してみたところ、この作業によって見た目自体が変化してしまう結果となったので、現段階で車不要なパスの多い、多少の変化も許容できるオブジェクトに対してのみこの操作を行うことをお勧めします。
また、今回のアップデートでは、効果に関するレンダリングの加速が適応されたとのことで、より処理速度の向上に重点を置かれたアップデートであるように感じます。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator CC新機能】パスの単純化でデータサイズを軽減する