SEO対策

今さら聞けないLINE公式アカウントを集客に用いるメリットとその注意点

marketing
marketing
2019/10/01 21:34

LINE公式アカウントは友だち登録したユーザーに直接メッセージを送れる

LINEは日本で最もよく使われているメッセージングアプリとなりました。2018年時点で、国内月間アクティブユーザー数は7800万人を超え、これは日本の人口の61.5%に達しています。どの年齢層にも利用されているのが特徴で、国内のコミュニケーションにおけるプラットフォーム的な役割を果たしています。

人が集まるプラットフォームは、ビジネスの成長を狙う企業にとっても魅力的なチャネルとなります。実際、LINEは企業が集客を行うための機能を提供しており、LINE公式アカウントと呼ばれています。以前は中小企業向けのLINE@と、大企業向けのLINE公式アカウントに分かれていましたが、2019年4月に後者の方へ統合されました。

LINE公式アカウントは、友達登録したユーザーにメッセージを送ったり、チャットしたりして、エンゲージメントを高める機能を使える点がメリットとなっています。その他にもポイント制度を設ける、クーポンを発行する、自動応答を設置するといった豊富な機能が利用可能です。無料プランで試してみてから、より多くのメッセージが送信できる有料プランを選択すると、無理なくLINE公式アカウントでのマーケティング活動が始められます。

プッシュ型の施策により、既存顧客の維持、リピーターの獲得に寄与する

LINE公式アカウントの強みは既存顧客の維持、リピーターの獲得にあると言われています。既存顧客の維持は、新規顧客の獲得よりも安価であり、利益率の向上に寄与するため、企業にとって重要な施策です。LINE公式アカウントのメッセージは、キャンペーンの内容にあわせてパーソナライズできるので、メールマガジンに比べ、その開封率が3倍以上に上がると言われています。個人向けに送ったチャットと同じユーザーインターフェースを使っており、親近感がわく仕組みになっている点が良い影響を与えているのかもしれません。

リピーターの獲得では、クーポンの発行や抽選の実施が効果的です。クリスマスや夏休みといった特定の時期を狙って、クーポンを発行し、需要の喚起を狙います。クーポンの開封数や使用数を確認できる管理機能により、キャンペーンの効果を測定可能です。

FacebookやInstagramといったソーシャルメディアは、ユーザー側が積極的に情報を取得する「プル型」のマーケティング施策と言われています。一方で、LINE公式アカウントのメッセージ機能は、メールマガジン等と同じように、企業側から働きかける点から「プッシュ型」の施策とされます。過剰な頻度で接触するとプッシュ型の施策は嫌われてしまうリスクがありますが、ユーザーの興味・関心の度合いを正確に把握できるのであれば、プッシュ型の通知は、ユーザーの反応が高く、投資対効果を高める成果が期待されます。

友だち登録にインセンティブを与え、メッセージを送れるユーザーを増やすのが初めのステップ

LINE公式アカウントのメッセージは「友だち登録」したユーザーに限られるため、まず、どのように「友だち」を増やすかが、LINE公式アカウントでのマーケティング活動における課題となります。ブログやソーシャルメディアといった他のチャネルからLINE公式アカウントへの友達登録を促したり、業態によっては実店舗での宣伝を行ったりする必要があります。チラシや看板などでQRコードを用意し、簡単に友達登録できるようにしている企業も見受けられます。

友だち登録にインセンティブを与えるのも効果的です。友だち登録した画面を店舗で提示すれば、割り引きが受けられたり、景品がもらえたりするのであれば、多くの人が友だち登録したいと考える可能性が高まります。最新情報が取得できる、毎月クーポンが発行されるといった継続的なインセンティブを提供する方法もあります。さらに、取得したクーポンを他の友だちに配布できるクーポンであれば、ユーザー同士の交流によって多くの人に伝播される可能性を秘めています。一度、メッセージを送信できる関係性が築ければ、その高い開封率で販売促進の効果が期待できるでしょう。

まとめ

LINEは国内で6割以上のインターネットユーザーが利用するアプリであり、企業にとっても、顧客にリーチするためのプラットフォームとなっています。インセンティブを提供して、友だち登録するユーザーを増やした後、開封率の高いメッセージによって、リピーター獲得への効果が期待できます。

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングSEO対策今さら聞けないLINE公式アカウントを集客に用いるメリットとその注意点