デザイン

【Illustrator】文字を飾る3.縁どり風文字

北野敦子
北野敦子
2019/06/30 16:32

はじめに

3回目となる文字を飾る加工は、文字のアウトラインをラフで描く加工を紹介していきます。

縁どり風文字

1.文字を書く

フォントを選択し、任意の文字を書きます。

2.位置を調整する

その文字の大きさに大小つけて詰め方を調整ます。

.文字をアウトライン化する

テキストオブジェクトを選択し、comand+shift+oでアウトライン化します。
(テキストの修正などが入る場合もあるのでアウトライン前の段階で複製をアートボードのどこかに置いておくことをお勧めします。)

4.文字の塗り、線カラーを変更する

塗りをなしにして、線に色をつけます。

5.文字に効果を加える

テキストレイヤーを選択し、効果>パスの変形>ラフから任意の数値を設定しパスをラフに変形します。

6.効果を触れるようにする

今のままでは、見え方がラフになっているだけでアウトラインを取った際のパス情報が残っており、歪んだ線を感覚的に微調整できないのでラフをパスとして扱うために、オブジェクトを選択し、オブジェクト>アピアランスの分割を行います。
上かアウトライン表記で確認した際のアピアランスの分割前、下がアピアランスの分割後になります。

7.細部を調整する

アピアランスを分割して、見た目がパスになったので、違和感の残る部分を任意で調整していきます。(通常通り、パスを調整する作業で行えます。)

8.線の調整をする

オブジェクトを選択した状態で、線パネルから線幅と角の形状を丸くします。

9.文字を濃くする

オブジェクトを複製して、複製したオブジェクトを、効果>パスの変形>ラフでラフ化された加工をさらに重ねます。

10.効果を触れるようにする2

複製前と同じように、複製した上部のオブジェクトにアピアランスの分割を行います。

11.パスをアウトライン化する

2つのオブジェクトを選択した状態で、オブジェクト>パス>パスのアウトラインでパスをアウトライン化します。

12.パスを合体させる

2つのオブジェクトが選択された状態で、パスファインダーから形状モード「合体」を行います。

これで強弱のついた線で描かれた文字が完成します。

まとめ

今回はアウトラインの手書き文字をご紹介しました。
ちょっとした変化ですが、数値の変更で見た目もすこしづつ変わってきます。数値の変更で、好みの線幅や強弱を調整することができます。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Illustrator】文字を飾る3.縁どり風文字