SEO対策

企業ロゴ・デザインの原則と流行。ロゴ変更に伴うメリット・デメリットとは何か

marketing
marketing
2019/08/27 22:51

企業ロゴはオンライン作成ツールで安上がりに済ませればよいという代物ではない

優れた企業ロゴはブランド構築に大きな意味を持ちます。ロゴを見た人に、その企業を想起させ、ターゲットとする見込み顧客に洗練された良い印象を与えるからです。あまり考えずに間に合わせで作成したロゴは、一流企業として見てもらえないだけでなく、多額の予算をかけたマーケティング活動から効果を得られない可能性さえあります。

ロゴのデザインには5つの要素があると言われています。シンプル、記憶されやすい、時間が経っても色あせない、融通が利く、適切さの5つです。ロゴは企業の理念や顧客が受ける印象を考慮して作成されるべきであり、一度作成すれば数多くのマーケティング資料に掲載されることになります。その作成プロセスには十分な考慮が必要となるのです。

オンラインのロゴ作成ツールを使えば、無料、あるいは1000円以下でロゴは作成できるかもしれません。デザイナーに依頼すれば10万~100万円の見積もりになるかもしれませんし、大手の広告代理店に頼めば1000万~1億円の大きなプロジェクトに発展する場合もあります。ロゴのデザインやその意味合いを考えると、安上がりに済ませばよいというものではありません。

ロゴの作成プロセスは企業の歴史、業界や競合の調査から始まります。ロゴによって明確にしたいビジョンを決定し、それを表現し得るデザイン・コンセプトを作成するのが次のステップです。コンセプトが固まったら、デジタル・ファイルでロゴの視覚的イメージを実現します。小さな色や形状の差異が、ブランディングに大きな違いを生むため、慎重な意思決定が求められます。最後に、ロゴの使用にあたってのガイドラインを作成し、チーム内で共有します。

Googleのロゴ変更に見られるように「ミニマリスト」的なシンプルさが流行

時間が経過しても色あせないのが良いロゴであるとは言うものの、時代の変化や企業の経営方針が変われば、それに合わせて企業のロゴが変わるのも自然なことです。ロゴが変化してきた企業として有名なのはGoogleです。1997年の創業から4度のデザイン変更があったと言われています。文字と色の配置は同じでありながら、フォントや視覚効果がわずかに変化してきました。以前は3次元的に光と影を持っていたものの、最近はよりスムーズでシンプルなロゴが採用されています。

配車サービスを展開するUberは、2016年と2018年にロゴの変更を行っています。2016年のロゴは消費者にもUber運転手にもブランドとの結びつきを構築できなかったとして、企業名をシンプルにアピールした2018年版のロゴへ変更する運びとなりました。

近年、作成されたロゴの特徴として、最低限のデザイン要素に留めているという点が挙げられます。色や視覚効果、文字のあらゆる点で「ミニマリスト」を目指し、単純化を目指しています。小さいサイズでも見やすく、逆に、大きな看板でも強い印象を与えられるのが利点です。

また、スマートフォンの普及と共に、どんな画面サイズでも意味を持つよう「レスポンシブ」であるという要件が生まれてきました。ロゴを表示できるスペースに合わせて複数パターンを作成しておく企業も多く見られます。

ロゴ変更にはイメージ刷新というメリットと共に、コスト面でのリスクが存在する

既にロゴを持っている企業が、ロゴを変更するにはメリットとデメリットが存在します。伝統的な企業が革新的な印象を与えるためには、ロゴの変更が有効な戦略です。90年代のパソコン市場で先進企業だったマイクロソフトが、クラウド時代に合わせてロゴを刷新したのは象徴的かもしれません。また、前述のUberは、セクハラ等のスキャンダルが報じられた後、企業イメージを改めるためのブランディング戦略としてロゴの変更を行いました。

ロゴの変更のデメリットとしては、そのコストと手間があります。古いロゴを改めるには、Webサイトから配布資料まで全てを作り替えなければなりません。そこで費やされる時間は、他の仕事を成し得た機会損失にもなってしまいます。また、新しいロゴが発展的な変更であると好意的に受け入れられなければ、単なるブランド価値の毀損となるリスクがあるのです。

まとめ

優れた企業ロゴは、その会社を容易に想起させるものであり、定量化するのは難しいものの、高いブランド価値を有します。時代の変化や企業の経営戦略の変化と共に、ロゴの見直しは多くの企業で行われています。

納品物クオリティーのアクセス解析レポートを1分で。

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングSEO対策企業ロゴ・デザインの原則と流行。ロゴ変更に伴うメリット・デメリットとは何か