SEO対策

Googleアナリティクスの「コンバージョン見込み」レポートがEコマースサイトを成長させる

marketing
marketing
2019/05/01 21:40

コンバージョン見込みレポートにより、ユーザーのスコアリングが可能に

スコアリングは、マーケティングにおいて重要な指標の一つです。ユーザーの行動から、購買に至る可能性を評価し、その購買意欲に応じて適切なアプローチを行います。例えば、マーケティングオートメーションの世界では、スコアリングの仕組みが開発されてきました。資料請求したら10点、主要な顧客層である従業員1000人規模であれば20点といったように、評価を割り振っておき、スコアが低ければ顧客を教育(ナーチャリング)するような業界レポートを送付し、スコアが高ければ購買を後押しするよう電話をかけるといった流れです。

Googleアナリティクスが新しく導入した「コンバージョン見込み」レポートを使えば、マーケティングオートメーションだけではなく、アクセス解析の分野でもスコアリングが実施可能です。アクセス解析ではスコアを計算する方法が異なり、Googleも公開していませんが、ユーザーがサイトを訪問した際の様々な行動が総合して評価されていると考えられます。具体的には、特定のチャネルの広告キャンペーンを閲覧したユーザーは、コンバージョンに至る確率が高いといった考え方です。アクセス解析においても、スコアリングの結果をもとに、リマーケティングを使ってリーチしたり、その広告施策の成果から改善を図ったりできます。

月に1000回以上の取り引きが計測されたEコマースサイトで利用可能

Googleアナリティクスのコンバージョン見込みレポートは、Eコマースに限定した機能です。この機能は無数のデータからその特徴を把握する機械学習によって実装されているため、そのEコマースサイトに十分な取り引きがある点が前提となります。前提条件として、eコマーストラッキング機能を使い、レポートビューの e コマース トランザクションが月に 1,000 回以上あること、さらに、1,000 回に達した後、30 日分のデータが取得されることが挙げられます。機械学習のモデルを作成した、データの精度について確証が得られなかった場合、コンバージョン見込みが表示されません。

コンバージョン見込みは、各ユーザーについて、今後30日以内にコンバージョンに至る確率を1~100(多いほど確率が高い)で評価します。見込みが測定できなかった場合はゼロが表示されます。コンバージョン見込みは24時間遅れで表示される仕様です。日次の統計処理によってレポートが更新されます。

コンバージョン見込みは条件を絞ってスコアを測定する機能もあります。オーガニック検索や有料広告といったチャネルに限定したり、特定の参照元に限ったりして、詳細なコンバージョン見込みを取得します。

コンバージョン見込みによってセグメントを作成し、サイト改善や広告配信に活用

コンバージョン見込みはいくつかの方法での活用が考えられます。まず、コンバージョン見込みが高いユーザーと低いユーザーを比較し、どのチャネルやキーワードでサイトを訪問しているかを分析します。特に、コンバージョン見込みに寄与する広告キャンペーンやランディングページが特定できれば、そこにチャンスが転がっていることになります。逆に、成果の上がらない施策が分かれば、それを改善する必要があります。

コンバージョン見込みの測定値に応じてユーザーリストを作成すれば、広告配信にも活用できます。Google広告やディスプレイ&ビデオ360といった他のGoogleマーケティングプラットフォームと共有し、そのセグメントに広告を出稿します。コンバージョン見込みが高い場合、そのユーザーの購買意思が高いと想定されるので、そのセグメントに広告を出稿すれば、高い投資対効果が得られる可能性が高まります。

A/Bテストを実施するGoogleオプティマイズでも、特定のセグメントに限定したテストが可能です。コンバージョン見込みが高いユーザーに限って、テストを実施していけば、コンバージョンにつながりやすいサイトを設計できるようになります。

まとめ

Googleアナリティクスが新しく導入したコンバージョン見込みレポートは、ユーザーが今後30日以内にコンバージョンする確率を推定する機能です。コンバージョン見込みの高さでセグメントを作成すると、サイト改善のアイデアが得られたり、リマーケティング広告によって効果的なキャンペーンが打てたりと、大きなメリットが享受できます。

わかるページ解析を

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングSEO対策Googleアナリティクスの「コンバージョン見込み」レポートがEコマースサイトを成長させる