デザイン

【Adobe CC Illustrator】驚くほど時短!簡単にイラストに動きのバリエーションを追加する方法

北野敦子
北野敦子
2018/09/15 08:47

はじめに

キャラクターなどのイラストを書き起こす際、数パターンの動きのバージョンが必要な場合があります。
その際に、パスをいちいち変更していくのではなく、パペットワープツールを活用してイラストを自在に動かす方法をご紹介します。(2017年10月操作変更)

1.アートワークを選択する

動かしたい対象のアートワーク全体を選択ツールで選択します。 ここでアートワークを複製していると便利です。

2.パペットワープツールでピンを置く

ツールパネルからパペットワープツールを選択し、変形の際、軸となる箇所をクリックし、ピンを置きます。
(Adobe公式では、3つ以上のピンを置くと適切な結果が出るとしています)

3.ピンを動かして変形させる

ピンをドラッグさせることでアートワークを変形させます。
ピンの位置によっては多少のパスの歪みなども発生します。

4.アートワークの微調整をする

パスの歪みをダイレクト選択ツールで調整します。

動画で見る場合はこちらから

まとめ

いかがだったでしょうか? かなり感覚的にイラストに動きのバージョンを追加することができました。
一つ一つのパスを修正してイラストを作って行くよりも大幅な時間の短縮となります。
さらに動きを変更したアートワークはパスデータですのでそのあとの使い勝手も非常にいいです。
すごくオススメの方法!ぜひ使ってみてください。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む

わかるページ解析を

Google Analytics・Search Consoleから
わかりやすいPowerPoint・Excelレポートを生成

report
HOMEKOBITブログWEBマーケティングデザイン【Adobe CC Illustrator】驚くほど時短!簡単にイラストに動きのバリエーションを追加する方法