KOBITブログ

コンバージョン率最適化のためのリターゲティング広告活用

この記事は約 6分 で読めます。


デジタルマーケティングに関するある研究結果によると、初めてサイトを訪れた訪問者のわずか2%のみが商品・サービスを購入していて、残り98%は何も買わずウェブサイトを離脱しています。つまりこの場合、コンバージョン率は2%ということになります。そのコンバージョン率をアップさせるために使われる手法としてリターゲティング広告があります。今回はリターゲティング広告とは何か?について見ていきましょう。

リターゲティング広告の仕組み

リターゲティング広告とは、一度自社サイトを訪れたユーザーを、サイト離脱後も追跡する広告のことです。一度ECサイトを訪れたら、他のウェブサイトでもそのECサイトの広告を見たこと、きっとありますよね。それがリターゲティング広告です。この広告を出すことで、コンバージョン率がアップします。なぜなら、ウェブサイトに過去1度でもアクセスしたリピーターは初めて訪れたユーザーと比べて売り上げにつながる可能性が非常に高いからです。

ではどうやって離脱したユーザーを追跡できるのでしょうか?それはブラウザのcookie(クッキー)機能を使うことによって可能となります。cookieは、 ブラウザを通じてサイト側のデータを一時的に保存しておくことができる機能です。ユーザーが再びウェブサイトを訪れた時に、ユーザーの端末側にあるcookie情報により、ウェブサイト側がユーザーを識別することができます。そうすることでウェブサイト側はユーザー個人個人に対応した広告を表示することができるのです。

cookieをユーザーに付与するにはタグが必要になります。リターゲティング用のタグを特定のページに埋め込み、そのページをユーザーが訪れると、ブラウザを経由してcookieがユーザーに付与されます。そのcookieを目印に、広告はユーザーを追跡することができ、ユーザーが見ている別のサイトの広告枠に自社の広告を表示させることができるのです。

リマーケティングとの違い

リターゲティング広告と似た言葉として、リマーケティング広告があります。その違いについてお話しします。

リターケティング広告は、Yahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告におけるターゲティング方法の一種で、一度ウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーに再訪問を促すための広告です。またYahoo!に限らず、Facebook広告やTwitter広告でもリターゲティングという言葉が利用されます。

一方でリマーケティング広告は、Google Adwordsのディスプレイ広告におけるターゲティング方法の一種で、機能・仕組みとしてはリターゲティングと同じです。

「リターゲティング広告」と「リマーケティング広告」は、ほぼ同じ広告手法のことで、提供元がGoogleかYahoo!かの違いなので、「同じもの」として大枠で理解して問題ないですが、ターゲットの設定方法や広告の見せ方などは微妙に異なってくるため、実際に広告を出す際にはもう少し踏み込んで考える必要があります。

押さえておきたい2つのリターゲティング広告戦術

リターゲティング広告の分野はアメリカが日本に先行していましたが、最近は日本でのリターゲティング広告の種類・そして認知度も徐々に増えてきました。その中でも特に押さえておきたい2つの広告戦術をご紹介します。

1.サーチリターゲティング広告

サーチリターゲティング広告とは、検索連動型広告と同様の検索データを元にしたターゲティング手法です。あるユーザーが入力した検索ワードをベースにしているため、顕在化したニーズに向けてターゲティングすることができる広告メニューです。そのため費用対効果が特に高い手法と言われています。実際にユーザーが、Yahoo!検索で過去に検索したキーワードの履歴をもとにターゲティング設定をすることが出来るので、例えば、化粧品ECサイトを運営している会社が広告を配信する時に、ターゲティングのキーワードを「基礎化粧品」と登録したとします。この場合、過去に「基礎化粧品」というキーワードをYahoo!で検索したユーザーが、Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋等の広告枠があるサイトに訪れた際に広告を配信することが出来ます。また、「ユーザーが特定のキーワードで検索した回数」や「検索後、何日間経過したユーザーに配信するか」といった細かい設定も可能です。

2.サイトリターゲティング広告

サイトリターゲティングは、ウェブサイトを訪問したことがあるユーザーに対して、再度アプローチすることができる広告メニューです。過去にあるウェブサイトを訪問したことがあるユーザーが、別の機会にサイトリターゲティングが配信されるウェブページを訪れた際に、ユーザーの訪問履歴をもとに広告が配信されます。サイトリターゲティングを利用することで、過去にサイトを訪問し、かつ検索サイトで商品やサービスを検索したユーザーに対して、広告配信や配信除外などの設定が可能になります。

まとめ

今回ご紹介したのはリターゲティング広告のさわりの部分です。実際に、リターゲティング広告を配信していく中で、どういう種類・タイプの広告がコンバージョン率最適化に影響を与えているかを調べるために、A/Bテストを行ってみることをお勧めします。たとえば、広告で使用する画像・広告のサイズ・オファータイプ等比較するべきことは山ほどあります。

参照記事:
Reach Local, デジタルマーケティングを強化するための3つのリターゲティング戦術  
Yahoo プロモーション広告, サイトリターゲティングとは
Alantics Blog, リターゲティング広告とは?仕組みからメリットまでやさしく解説!

 


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。