KOBITブログ

Google Data Studioで複数ソースのデータを1つにまとめる「混合データ」機能が提供開始

この記事は約 5分 で読めます。


小川卓です。皆さんGoogle Data Studio活用していますでしょうか?私もコンサルティングやレポート作成などで大活躍です!しかし使っている中で、一つ困った点がありました。それが複数のデータを一つの表やグラフにまとめることが出来ないということでした。

例えば5つのサイトの訪問者数の折れ線グラフを作るとなると、結果的に5つグラフを作らないといけないなど痒い所に手が届かない感じでした。しかしこちらが、2018年7月のアップデートで対応されました!「混合データ」という機能になりますので、こちらの使い方や事例を紹介いたします。

 

方法1:混合データソースの作成

複数のデータをまとめる方法は大きく分けて3種類あるので、それぞれを紹介いたします。
まずは混合データを最初に用意する方法を紹介いたします。

「リソース」の中にある「混合データを管理」を選択

データソースを選択しましょう(例えばサイトAのGoogle アナリティクス)。まだデータソース自体を追加していない場合は、データソースの追加を行いましょう。

どのディメンションや指標を追加するかを選択(あるいは検索)して、「使用可能な項目」から「データソースに含めるフィールド」に移動しましょう

なお、複数のデータを混合データにするためには、複数データを紐づけるための共通フィールド(主キー)が必要になります。例えば「日付」「月」「デバイス別」などが該当します。複数データソースで会員IDなどを取得していれば、これも利用することが出来ます。

 

項目を選んだら、「別のデータソースを追加」を押して、同じ表やグラフに含めたいデータソースを追加しましょう

 

複数のデータソースを追加してみました。ここでは2つのGoogle アナリティクスとサーチコンソールを繋げています

名前を付けて、右下の保存を押して保存を完了しましょう。これで混合データが作成されました。後は今までのGoogle Data Studioと作り方は同じです。

表を作成する時、データソースとして今作成したデータソースを選びましょう。

以下が作成した表の例になります

方法2:表やグラフを作成してそれを統合する方法

今、紹介した方法以外にも、既に作成している表やグラフを統合するという方法もあります。こちらも統合するフィールドが各データに存在することが前提条件になります。

複数の表あるいはグラフを選択し、右クリックするとメニューが出てきます。この中の「データを統合」するを選択します。

統合をすると新たにグラフが作成されます。

方法3:既存グラフにデータソースを追加する

1つのデータソースしか入っていないグラフに対して、「データを統合」するという項目を選択することで追加することも可能です。こちらのボタンを押すと、方法1で紹介したデータ統合の作成画面がページ下部に表示されるので、そこからの操作方法は方法1と同じです。

 

データ統合作成例

先ほど紹介した例に更に、スプレッドシートで「日付」と「施策案」の表を作成し、そちらもデータ統合しました。スプレッドシートも活用することで、文言なども表に追加できるので、実行された施策と指標の関係性などを確認することが出来ます。

まとめ

Google Data Studioは日々進化しています。今回のアップデートは地味ですが、わかりやすいレポートを作成する、あるいは、気づきを発見するという観点では非常に重要な進化でした。このツールが無料で利用出来ることに感謝しつつ、ぜひ皆さんもうまく活用してみてください!

監修させていただいた、Google Data Studio本です!一から学んで、色々なレポートを作成してみたい場合には参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

 

小川卓 プロフィール画像

【著者プロフィール】

小川 卓(おがわ たく)

ウェブアナリストとして、マイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンで勤務後、フリーに。複数社の社外取締役やデジタルハリウッド大学院の客員教授として活動.。コンサルティング・勉強会・執筆に従事。

主な著書に「ウェブ分析論」「ウェブ分析レポーティング講座」「漫画でわかるウェブ分析」「Webサイト分析・改善の教科書」「あなたのアクセスはいつも誰かに見られている」など。

※KOBITブログでは、毎月1~2本程度、小川卓さんに記事を寄稿いただいております。
どれも興味深い記事となっておりますので、ぜひ他の記事もご覧下さい。
小川卓さんによる寄稿記事を読む


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。