KOBITブログ

人工知能RankBrain(ランク・ブレイン)によって変わる検索エンジンと、それに対抗するSEO

この記事は約 5分 で読めます。


人工知能技術が検索結果のランキングに影響を及ぼすようになったGoogle

人工知能は様々な分野で適用されるようになり、SEO(検索エンジン最適化)も例外ではありません。そもそも、検索エンジンそのものに人工知能技術が利用されているのは、ご存知でしょうか?Googleは「ランク・ブレイン」いう人工知能ソフトウェアを2015年から利用していることを認めました。

ランク・ブレインの分析結果は検索結果画面のリストに影響を与えます。Webサイトの順位を決定する際に、コンテンツの新鮮さ・長さ・専門性・リンクの数など、200以上の要因をもとに、人工知能が解析を行います。Googleはランク・ブレインの仕組みを詳細に発表していませんが、現在存在する膨大なコンテンツ情報から、新しいコンテンツのキーワードに対する適合度を判定するために、ランク・ブレインの人工知能技術を活用しています。

検索エンジンが順位を決定する仕組みが賢くなるにつれ、不正な手法でランキングを上げようとする「ブラックハットSEO」は効果が無くなっていくでしょう。一方、正当な手法でSEOを施す「ホワイトハットSEO」は引き続き有効です。さらに、これまではSEOの対象として考えられていなかったものまで、人工知能は分析対象としていくかもしれません。

動画のメタデータやリアルタイム情報のSEOにおける重要性が増す

画像や動画がWeb上で溢れるようになり、検索エンジンでこれらの視覚的なコンテンツを検索するケースも増えてきました。動画のメタデータやキーワード、字幕を人工知能が分析すれば、あたかも動画を見たかのようにSEOの対象となり得ます。Googleは検索キーワードに最も合致した動画を検索できるようになってきているのです。

人工知能が導入される利点の一つにリアルタイム情報が活用できるようになる点が挙げられます。新しく注目されたキーワードや、急激にトレンド入りしたキーワードについて、人工知能がその重要性を理解し、検索結果の上位へと表示します。

また、地域に関する情報も重視されるようになります。店舗やオフィスを構える企業は、名称・住所・電話番号をGoogleに登録するようにしましょう。人工知能はオフィスの情報を分析し、関連するキーワードが入力された際に、高い順位に据え、企業の認知が向上します。

検索結果のパーソナライゼーションは人工知能の導入によって大きな変化がありました。Googleのアカウントにログインしているユーザーは、過去の検索履歴や興味に応じて、読者にとって最も価値のある、質の高いコンテンツが表示されるようになっています。サイト運営者や広告主は、人によって検索順位が異なる点を理解しておく必要があります。

サイト運営者は人工知能を使ってサイト改善やコンテンツ作成を行いSEOを施す

検索エンジン側が人工知能を導入すると同時に、サイト運営者側も人工知能が活用できる時代です。コンテンツを作成するときに、より速く簡単に大量の文章を作成するソフトウェアや、最適な画像を生成するツール等が開発されてきました。

SEO対策は人工知能が活用できる分野です。どのようなコンテンツを掲載すれば、どのキーワードで、どのくらいの順位に掲載されるかを入力として、最適なコンテンツを見出す仕組みです。アクセス解析でも、これまでとは異なる兆候を検出し、サイトを改善する方法を提案する人工知能が利用できるようになるでしょう。

人工知能は先進的な技術であるため、それに特化したツールも開発されています。人工知能をサービスとして提供する「アーティフィシャル・インテリジェンス・アズ・ア・サービス」と言われる分野が立ち上がってくる可能性があります。自社のサイトに掲載するコンテンツを入力すると、クリック率を改善するためのアイデアが出力されるといった使い方が考えられます。デジタルマーケティングのノウハウは人工知能が有するようになり、マーケティング担当者はより高度な戦略に特化できるようになるでしょう。

まとめ

検索エンジンは人工知能の導入により、検索結果ランキングの決定に多様なデータを使えるようになりました。同時に、サイト運営者も人工知能の活用で、効率的に質の高いコンテンツが作成できるようになるでしょう。


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。