KOBITブログ

印刷の基礎知識 RGBとCMYK、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

この記事は約 5分 で読めます。


はじめに

商品広告やPRなど、多くの場面で印刷物が使用されます。
では、印刷物はどのように作られているのでしょう。
今回は印刷を行う前に知っておくべき基本の色と印刷についてご紹介します。

1.色について

RGBとCMYK

印刷物にはCMYKの色を使用します。
ではCMYKとは一体何なのか、それは色の表現方法です。
色の表現方法には大きく分けてRGBとCMYKが存在します。
この2種は色の表現の仕方が異なるので、適した場面で適した表現方法を使用しないと発色イメージと異なるものが出来上がってしまいます。
発色に至るフローが違うと捉えると分かりやすいと思います。

まずRGBですが、こちらは光の三原色を元に色が構成されています。
Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の3つの原色の光を重ねて表現します。
「光」を元に色を出しているので、色を重ねるごとに白に近づいていく「加法混色」という表現法となります。
パソコンやテレビ、スマートフォンの画面などで見る色はRGBでこの構成されています。
黒をベースに光を出して色を表していくイメージです。

一方CMYKは、色の三原色を元に構成します。
Cyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)、Key Plate(黒色のキー・プレート)を重ねることで色を表現します。
CMYKは、白の下地に色を重ねることで色味を強くしていくので、重ねれば重ねるほど色が暗くなり、黒に近づいていく「減法混色」という表現方法です。
こちらは、紙などの印刷媒体に使用する発色方法です。
白をベースに色を重ね合わせて表していくイメージです。
では、印刷物はCMYKのCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)、Key Plate(黒色のキー・プレート)を重ねて作る色以外を出すことはできないのかというとそうではありません。
特色といって、その色を出すために調合されたインクを使用することでCMYKで表現しきれなかった色を出すことができます。
特色には様々な種類が存在し、DICやPANTONEなどが有名です。

2.印刷手法

CMYK(プラス特色)を使用したデータを作成したのち、どのように印刷していくのか。
主な印刷方法であるオフセット印刷、オンデマンド印刷をご紹介していきます。

2-1オフセット印刷

もっともオーソドックスなオフセット印刷は平版印刷のうちの一種です。
版を使用し印刷を行います。
この平版印刷は版に水を使用し画線部か非画線部かをコントロールします。
画線部は水を反発するのでインクが付き、非画線部には水がついているのでイングが付かなくなる仕組みです。
その版と印刷したい媒体の間に転写用のブランケットをかませて印刷を行います。

2-2オンデマンド印刷

オンデマンド印刷は版を使用しない印刷手法です。
デジタル印刷機を使用し、印刷を行います。
版を作成する必要がないので、少量の印刷を行う場合、コストを抑えることができます。
またオフセットに比べ工程も少ないので時間短縮にも繋がります。
ただ、大量に印刷をする場合はオフセット印刷の方がコストを抑えることができる点、
最近では十分な出力が出せるようにはなってはきているものの、モアレが出る可能性もゼロではない点などでオフセット印刷の方が信用度が高いとされています。

まとめ

今回は大まかなCMYKとRGBの違い、一番オーソドックスな印刷方法であるオフセット印刷、オンデマンド印刷の違いをまとめてみました。
印刷方法は、他にも凸版印刷や凹版印刷、孔版印刷など様々な手法があります。
適材適所で印刷の方法を決定する必要があります。
今回は一番多く使用されている2つの印刷方法を特筆してのご説明でしたが、他の手法もまた別の機会にお話させていただければと思います。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。