KOBITブログ

第5話 Googleタグマネージャ「YouTubeトリガー」の使い方 #マンガでわかるGoogleアナリティクス

この記事は約 8分 で読めます。


マンガでアクセス解析の基本がわかる、KOBIT限定Web連載マンガでわかるGoogleアナリティクスシリーズ。今回はGoogleタグマネージャとの連携のお話です。

「自分のWebサイト上に貼り付けたYouTube動画の再生ボタンが、何回押されたか計測したい!」 そんなときに便利なのが、GoogleタグマネージャのYouTubeトリガーです。タグマネージャ上での設定の仕方と、実際にGoogleアナリティクス上に計測されるとどのような見え方になるのか、マンガと動画で解説します!

by 湊川あい(マンガ・解説文)

前回のお話はこちら↓

第4話「ページビュー・セッション・ユーザー数の違い」 #マンガでわかるGoogleアナリティクス

第5話 YouTubeトリガーを使ってみよう

マンガでわかるGoogleタグマネージャ 1
マンガでわかるGoogleタグマネージャ 2

YouTubeトリガーとは?

  • 自分のWebサイトに埋め込んだYouTube動画の再生・完了などを感知して、動画タイトルや動画URL、何回再生ボタンが押されたかなどを取得できる機能です。
  • 2017年9月頃、Googleタグマネージャの新機能として追加されました。

平さん
イメージがつきにくいと思うから、まず最初に、Googleタグマネージャのプレビューモードで、YouTubeトリガーが動いているところを見てみよう。

平さん
YouTube動画の再生ボタンをポチッと押した瞬間、トリガーが発火したのがわかったかな? 

わかばちゃん 笑顔
わぁ、ほんとだ!
「イベント計測_YouTube動画再生開始」っていうタグが、「発火していないタグ」エリアから、「発火中のタグ」エリアに移動した!
この動画でいうと、ちょうど0:06あたりで発火してますね。

  • Tags Fired On This Page ・・・ 今このページで発火しているタグ
  • Tags Not Fired On This Page ・・・ 今このページで発火していないタグ

平さん
その通り! さらに、そのあとVariablesというタブをクリック → gtm.videoをクリックすると、取得できている変数一覧がズラッと見られるよ。

GoogleタグマネージャのVariablesタブ 変数一覧

平さん
変数っていうのは、簡単にいえば値を入れておく箱のことだよ。
たとえば、別の動画を再生すればVideo Titleのところには別の動画名が取得されるってわけ。

▼別の動画を再生すれば、その動画の情報が取得されていることがわかる

YouTubeトリガーの変数取得の例

わかばちゃん 笑顔
変数っていうと、プログラミングみたいで一気にむずかしそうに感じるけど、Googleタグマネージャならクリックひとつで設定できるから、私でも使えちゃうんですよね!

「Googleタグマネージャってそもそも何? 自分のWebサイトに導入する方法は?」という方は、こちらの書籍で解説していますのでご参考ください。
わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス

wakaba-book-ga
わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス

Googleタグマネージャでの設定方法

わかばちゃん 笑顔
で、YouTubeトリガーが動いているところは見られましたけど、これってどう設定すればできるようになるんですか?

平さん
OK、解説しよう。

1、Googleタグマネージャの管理画面にログインし、[トリガー] > [新規] をクリックします。 Googleタグマネージャの管理画面 2、トリガーのタイプを選択します。
真ん中のアイコンをクリックすると、使えるトリガーの一覧が表示されるので、YouTubeトリガーをクリックします。 YouTubeトリガーをクリック 3、今回は「動画が再生されたとき」に発火させたかったので、このように設定しました。設定後[保存]をクリックします
選択肢を見るに、他にも「動画再生が完了されたとき」「一時停止されたとき」などの条件を指定できるのがわかります。 YouTubeトリガー設定方法 5 4、次は、動画用の変数を使えるようにします。
[変数] > [設定] をクリックし、使いたい変数のチェックをONにします。

わかばちゃん 笑顔
あ、これ、さっきプレビューモードで出てきた変数たちだね! なるほどね、繋がってきたぞ〜!

Googleタグマネージャ: プレビューモードで出てきた変数たち 5、最後に、新規タグを作ります。
▼[タグ] > [新規]をクリックして、このように設定します。 (画像クリックで別窓拡大表示)

▼トリガーの欄には、先ほど作ったYouTubeトリガーを選びます。
タグを作ったら、プレビューし動作確認したあと、公開して完了です! 翌日にGoogleアナリティクスの「イベント」上で計測できているか確認しましょう。

わかばちゃん 笑顔
本来なら自分でJavaScriptを書かなきゃ取得できないようなデータが、クリックだけでこんな簡単に取得できるようになるなんて、すっごく便利だね!

無料プレゼント中! Googleアナリティクス完全ガイド

Googleアナリティクス完全ガイド

Google アナリティクス完全ガイド

Googleアナリティクスについて、より詳細にまとまった文献を読みたい場合は、こちらからダウンロードしてください。

  • 無料でダウンロード可能!
  • 121ページと大ボリューム!

社内研修などでもよく活用されており、これまで4000社以上の会社に愛読されてきました。

わかばちゃん
もしかしてこの無料本にも、集客数アップのヒントが隠されているかも?

さっそく読んでみる

キャラクター紹介

マンガでわかるGoogleアナリティクス キャラクター紹介

マンガでわかるGAが書籍化しました!

わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス

本ブログで連載している「マンガでわかるGoogleアナリティクス」が、書籍化しました! 8割以上が書籍限定の内容です。 全国の書店様・Amazon様で発売中!

wakaba-book-ga
わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス

著者:湊川あい
出版社:C&R研究所

  • 個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
  • 感覚的にわかる図解
  • 丁寧な実践パート

上記3つの特長で、Googleアナリティクスを無理なく学べます。

こんな人におすすめ

  • 企画担当
    • ITに疎い私だけど、「Googleアナリティクスを使って効果測定しなさい」って言われちゃった。わけがわからず困っている。
  • 中小企業のITエンジニア
    • 入社2年目に入ったら、「施策の良しあしまで把握してPDCAを回しなさい」って言われちゃった。プログラミングはわかるけど、アクセス解析は専門外。
  • フリーランスのWebデザイナー
    • 顧客のサイトの効果測定・運用までやる仕事が入った。アクセス解析って今まで感覚でやってきたものだし、正直自信がない。プロとして恥ずかしくないアクセス解析の知識・技術を身に付けたい。

章構成

●CHAPTER 1 アクセス解析って何?
●CHAPTER 2 Googleアナリティクス・Googleタグマネージャを導入しよう
●CHAPTER 3 基本的な単位・見方を知ろう
●CHAPTER 4 ユーザーの動向を知りたい
●CHAPTER 5 集客を強化したい
●CHAPTER 6 コンバージョン率を上げたい
●CHAPTER 7 日々の解析をもっとラクにしたい

わかばちゃん
書籍限定マンガ・図解が盛りだくさん!

Amazonで試し読みしてみる

他にもある! 「わかばちゃんと学ぶ」シリーズ

Webサイト制作に不可欠な「HTML・CSS」を楽しく学ぶなら

wakaba-book-html5css3
わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

著者:湊川あい
出版社:C&R研究所

バージョン管理ツール「Git」を楽しく学ぶなら

wakaba-book-git
わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

著者:湊川あい/監修:DQNEO
出版社:C&R研究所

著者紹介

kinnei
湊川 あい(みなとがわ あい)
絵を描くWebデザイナー。ベンチャー企業で、企画・制作・実行まで戦略を一貫させることの重要性を学ぶ。2014年からインターネット上で「マンガでわかるWebデザイン」を公開していたところ、出版の声がかかる。
マンガと図解で、物事をわかりやすく伝えることが好き。楽しみながら学べるコンテンツを制作・配信中。

この漫画はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません

Web連載版「マンガでわかるGoogleアナリティクス」記事一覧はこちら


まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。