KOBITブログ

HTTPS通信対応の後に必要なGoogleアナリティクスとサーチコンソールの設定

この記事は約 6分 で読めます。


HTTPS通信をWebサイトに導入すると、ユーザーとのデータ授受が暗号化され、安全な環境でWebサイトを利用できます。ユーザーに対してメリットがあるため、Googleからもその導入が推奨されています。HTTPSを導入すると「https」へとURLが変更されてしまうため、関連するツールでの設定変更が必要です。特に、サーチコンソールでは新しいURLを登録しなければ、ユーザーのデータが取得できなくなってしまうため、対応が必須となっています。

HTTPSによる暗号化通信を実装した後、リダイレクト設定が必要

GoogleはWebサイトにHTTPS通信を実装することを推奨しています。HTTPSとは、Webサイトとユーザーがやり取りするデータを暗号化する技術であり、個人情報を含めて、安全に情報を授受できるようになります。HTTPSが利用可能になったサイトは、検索順位にも好影響があると言われています。また、HTTPS対応されていない場合、「保護されていません」という警告がブラウザに表示されてしまうため、ユーザーに不安を与えてしまう恐れがあります。

レンタルサーバー等でサイトを運営しているのであれば、多くの場合、HTTPS対応を簡単に実施するサービスが利用できます。管理画面からクリックするだけで、HTTPS通信の導入が完了します。Let’s encryptという無料のサービスや、有料で認証機関から暗号通信の証明書を取得するサービスなど、複数の選択肢の中から、自社サイトの要件に合わせて、最適なものを利用します。

HTTPSを導入した後は、いくつかのツールで、その変更を反映させる必要があります。具体的には、「http://www.example.com」から「https://www.example.com」 へとURLが変更になるため、どちらのURLでも同じ内容になるよう設定しなければなりません。

リダイレクトという手法を用いると、「http」を訪問したユーザーは自動的に「https」のページへと遷移されます。もしコンテンツ管理ツールとしてWordPressを利用しているのならば、リダイレクト設定ができるプラグインを導入します。または、「.htaccess」という設定ファイルをWebサーバー上に配置して、リダイレクトを実現する方法もあります。

サーチコンソールでは「https」のURLを追加し、そのデータを確認

6

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールでもURLの変更を対応させなければなりません。これまで「http」のアクセスを解析していた場合、「https」へアクセスした際のデータが取得できなくなってしまうからです。

Googleアナリティクスでは、プロパティ設定・デフォルトのURLで、「http」から「https」へとURLを変更します。リダイレクトの設定で「https」へと遷移させているので、デフォルトのURLは「https」に設定します。

サーチコンソールではURLを編集する機能はないため、「プロパティを追加」で対応します。「http://www.example.com」で登録していたのならば、「https://www.example.com」のURLを加えます。

Webサイト内ではページ同士が相互にリンクされているので、その「内部リンク」を更新する必要があります。トップページから個別ページへとリンクされている際に、「http」ではなく「https」に変える対応を行います。WordPressを利用している場合、一括で内部リンクが更新できるので便利です。

サーチコンソールでURL変更の設定を行わないと「http」へのアクセスが計測できなくなってしまうため、変更後にアクセスが急激に減ってしまったように見えてしまいます。無用な混乱を招かないよう、適切なタイミングでサーチコンソールの設定を変えるのが推奨されます。

短期的な効果は期待できないので、指標を継続的に計測するべき

リダイレクトの設定を行った後、その変更を確認するのが推奨されます。サーチコンソールにおいて、「http」のサイトの「Fetch as Google」を実行すると「リダイレクトされました」という結果が返ってきます。「https」のサイトへと正常に遷移された様子が確認できるのです。

HTTPS通信の対応を行った後、Googleの検索エンジンがその情報を収集するまでに、少々時間がかかります。サーチコンソールでは検索エンジンに解析されたページ数が「インデックス数」としてグラフ表示可能です。「https」のサイトでインデックス数が伸びていけば、URLの変更が検索エンジンに反映できたことになります。

HTTPS対応を行っても、URL変更を行った後に劇的に順位が上昇するわけではありません。HTTPSを導入するのは、短期的なSEO対策ではなく、長期的なマーケティング施策として考えるべきです。通信が暗号化されたサイトは、ユーザーに対して高いセキュリティを提供できるため、ユーザー及び運営元に好ましい効果があります。ユーザーが好むサイトは、検索エンジンにも高い評価がなされる傾向にあるため、長期的に見て、HTTPS対応をするメリットがあるのです。

まとめ

HTTPS通信による暗号化はGoogleから推奨されています。HTTPSを導入した後は、リダイレクト設定と内部リンクの修正を忘れず、サーチコンソールへのURL登録を行うようにしましょう。

参考文献

 


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。