KOBITブログ

Googleアナリティクスができる分析の幅を広げるサーチコンソールとの連携

この記事は約 5分 で読めます。


サーチコンソールは検索順位や検索クエリの分析のように、Googleアナリティクスが保有していない情報を提供します。サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させると、Googleアナリティクスではこれまで表示できなかったレポートが利用できます。クリック率や平均掲載順位から、SEOやコンテンツの問題を特定し、サイト改善へ役立てます。オーガニック検索のキーワードが取得できずに、「not provided」と表示される問題にも、サーチコンソールは有用な情報を提供してくれるでしょう。

サーチコンソールのデータをGoogleアナリティクスに統合して分析

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携すると、Googleアナリティクス単体では分からなかった情報が閲覧できるようになります。サーチコンソールは、Google検索におけるサイト掲載順位の向上に有効な無料ツールです。検索結果画面でとったユーザーの行動をGoogleアナリティクスで確認し、サイト改善に役立てます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの双方で自社サイトのアカウントを作成すると、それぞれの情報をリンクできるようになります。具体的には、サーチコンソールに蓄積されたデータがGoogleアナリティクスのレポートへ出力されるのです。一つのツール内にサイト改善に関する情報が統合されるため、マーケティング担当者にとって利便性が増します。

Googleアナリティクスから出力されるサーチコンソールのレポートでサイト改善

4

サーチコンソールのレポートには、ランディングページ・国・デバイス・検索クエリといった項目があります。ランディングページでは、検索ユーザーがどのページに流入したかを示し、国・デバイスはそれぞれ、検索ユーザーの環境を分析します。検索クエリは、ユーザーが検索に使用したキーワードを軸に分析するレポートです。これらのレポートから、クリック率や平均掲載順位を確認し、サイトが抱える問題を特定したり、思わぬチャンスを見つけたりします。

クリック率が高いものの、検索結果での平均掲載順位が低いページは、タイトルや説明文が示す内容は優れているにも関わらず、検索エンジンからの評価が低い様子を示唆しています。競合ページと比較し、ユーザーから見つかりやすいよう対策を打つと良いでしょう。また、検索クエリにおいて、平均掲載順位が高く、クリック率が低い場合は、ユーザーからの需要が高い分野でありながら、コンテンツがユーザーの期待に応えられていない可能性があります。

サーチコンソールとの連携を行うには、Googleアナリティクスのプロパティ設定の中から、「Search Consoleを調整」をクリックします。Googleアナリティクスに紐づけられたサーチコンソールのアカウントを追加するため、サーチコンソール側の設定へ移ります。

プロパティの追加を行うには、サイトの所有者であることを確認する必要があります。サイト内にファイルやコードを追加したり、ドメイン設定を行ったりするため、技術的な知識が求められます。

オーガニック検索の「not provided」がランディングページ毎に分析可能に

4-2

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携するメリットの一つに「not provided」問題への対応が挙げられます。最近は、検索エンジンでの通信内容が暗号化されている関係で、ユーザーが検索に使ったキーワードをGoogleアナリティクスが把握できなくなり、オーガニック検索で流入したユーザーのキーワードが特定できず、「not provided」と表示されてしまう問題が指摘されていました。

サーチコンソールでもキーワード自体は取得できないものの、そのユーザーがどのページに流入したかを把握することは可能です。Googleアナリティクスのフィルタという機能を使うと、オーガニック検索で流入した際のランディングページを、ページタイトルへ置換する方法が提案されています。

フィルタの設定では、まず、フィルタの種類として「カスタム」を選択し、詳細ボタンをクリックします。そして、ページタイトル「(.*)」、キャンペーンのキーワード「np – $B1」との設定を行います。この設定によって、オーガニック検索トラフィックが「not provided」ではなく、ページ毎に細分化されて表示できるのです。

Googleアナリティクスの集客カテゴリにおいて、ページ毎の新規ユーザー数や直帰率・平均セッション時間が分析できれば、サイト改善に向けた多くのアイデアが湧いてくるのではないでしょうか。

まとめ

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携により、高度なアクセス解析を行ってサイト改善を進めることができます。特に、検索クエリが取得できずに、「not provided」と表示されていたものが、ランディングページ毎の分析できるようになる手法は、多くの企業で重宝されるでしょう。

参考文献

https://seopack.jp/seoblog/20161222-link-ga-sc/

 


CATEGORY:
まずは無料ユーザー登録。
すぐに始められます。