KOBITブログ

商用利用OKな厳選フリー素材サイト10選(写真、テクスチャ素材編)

この記事は約 6分 で読めます。

171002top

前回のベクター画像編はいかがだったでしょうか?
今回はイラストに特化したものでなく、写真のフリー素材を提供している厳選10サイトをご紹介していこうと思います。ベクター画像も写真素材もデザインにはなくてはならないものです。
デザイン物に対してのみだけではなく、企画書などもイメージ写真を入れ込むことでより一層見栄えのあるものに仕上がります。

また、写真素材、特に「人」の素材に関してはモデルリリース(肖像権利用の許諾)を取得しているかをしっかりと確認し、トラブルがないように注意をしなければなりません。
現に、このモデルリリースをしっかりと取っているサイトとそうでないサイトが存在するので、安易にフリーだからという理由だけで人物写真を使用することは危険です。しっかりと利用規約とモデルリリースを確認した上で人物写真を使用しましょう。

厳選10サイト

1.pixabay

ベクター画像の時にも紹介したこのサイト。
一つ一つライセンスが異なるので確認が必要ですがCC0ライセンスが付いているものが多くクオリティの高い写真を使用することができます。(CC:クリエイト・コモンズ)

pixabay
https://pixabay.com

2.写真AC

様々な写真があり、クオリティの高い写真が揃っています。
一部有料なので、一つ一つ確認が必要ですが写真をクリックすると金額もわかりやすく表示されているので安心です。

photo-ac
https://www.photo-ac.com

3.PAKUTASO

人物を使用するならこのサイト。
モデル一覧に掲載されている人物はすべてモデルリリース取得済みですので、安心して使用することができます。

pakutaso
https://www.pakutaso.com

4.モデル・フォト

モデルリリース取得済みの女性モデルの人物写真を配布しているサイト。
シーン別、シチュエーション別に検索できます。

model_foto
https://model.foto.ne.jp

5.フード・フォト

料理、野菜、果物など食べ物に特化したフリー素材配布サイト。
プロのカメラマンが撮影したものなのでクオリティも高く、様々なシーンで活躍します。

food_foto
https://food.foto.ne.jp

6.フリーテクスチャ素材館

背景などでよく使用されるテクスチャを配布しているサイト。
和紙、タイル、コルク素材など様々なテクスチャがありとても便利なサイトです。

free-texture
https://free-texture.net

7.Paper-co

紙に特化したテクスチャ素材の配布サイト。
テクスチャ表示がみれ、細部を確認したのちにダウンロードができます。

free-paper-texture
http://free-paper-texture.com

8.建築パース.com

建築パースの素材がダウンロードできます。
パースに特化しており、3dソフトで使用できるファイルや画像データとして使用できるファイルなどが存在します。人物のイラスト、シルエットなども存在し企画書などでも役立ちます。

kenchiku-pers
http://kenchiku-pers.com

9.GRAPHIC BURGER

モックアップに強い配布サイト。
モックアップを使用することで完成図により近いイメージを一瞬にして作り上げることができます。

graphicburger
https://graphicburger.com

10.タダピク

こちらは画像検索エンジンとなるので、上記のものとは異なります。
この検索エンジンでは、クレジット表記不要のフリー素材・無料画像サイトだけを対象としたものですので、様々なサイトを一括検索している形になります。
それゆえ配布元の利用規約の確認が必須ですが、多くのサイトで何度も同じキーワードで検索するという手間が省け時短にもつながります。

tadapic
http://www.tadapic.com

まとめ

以上10選が実際に役立つ商用可能フリー素材配布サイトです。
数多くあるフリー素材配布サイトの中でも高クオリティのものをピックアップし、写真だけでなくテクスチャ、モックアップも合わせてご紹介しました。

基本的には無料で商用利用可能なものを配布しているサイトです。
何度かライセンスについて説明し、少しくどくなってしまっていますがこれはとても重要なことです。
タダだから、フリーだからと言って制限なしに使用できるというわけではなく、「素材」を使用する際は利用規約の確認が必須です。
安心、安全に使用するためにもしっかりと確認した上でより良いものを作っていくことが重要となります。
ルールさえしっかりと守っていれば非常に便利なものですし、制作物の時短にもつながります。

著者:MainYard Design(メーンヤードデザイン) 北野敦子

kitano

1987年大阪出身。
生活する上で必ず目にするデザインされたものたち。 街を歩くだけでも無限の魅力があふれています。 ある日ふとそれらに魅了され別業界からデザイナーへ転身。 関西を中心にグラフィックデザインからブランド戦略提案などを展開中。
2012年タイポグラフィ作品展「OKU-2」出展。第31回読売広告大賞協賛社賞受賞。

※KOBITブログでは、定期的に北野敦子さんに記事を寄稿していただいております。
デザインに関するものを中心に、役立つ記事を数多く提供していただいておりますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
北野敦子さんによる寄稿記事を読む


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。