KOBITブログ

Google アナリティクスの新しい計測タグ「gtag.js (BETA)」が登場!

この記事は約 6分 で読めます。

gtag02

【要注意】

gtag.jsはベータ版であり、今後計測タグが変わる可能性や、データが正しく取得できない可能性があります。テスト的に試すのは問題ないかと思いますが、現在のタグを差し替えるなどは行わないことを強く推奨します。SLAの対象外にもなります。

また本内容は、記事公開時点(2017年9月4日時点)での情報となり、今後変わる可能性は大いにあります。

 

Google アナリティクスには「urchin.js」「ga.js」「analytics.js」という3種類のタグが古い順に存在します。現在多くのサイトは「analytics.js」のファイルを利用しているかと思います(ここ数年で新しい計測用のタグを発行していれば、「analytics.js」になっているはずです)。

2017年8月23日ごろに、新しい計測タグ「gtag.js」が公開されたようです。ヘルプ等に関しては、まだ英語版のページしかありません。ちなみに名称は「Global Site Tag(日本語名称は不明)」になります。

https://support.google.com/analytics/topic/7476230?hl=ja&ref_topic=1726910

gtag01

技術的な内容に関しては、Google Developers内にて確認できます。

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/

gtag02

gtag.jsのコードの中身が見たい方は以下から確認できます。今後はどうかわかりませんが、gtag.js内でanalytics.jsに言及しているので、gtag内にはanalytics.jsの機能がそのまま入っている感じは受けます。

https://www.googletagmanager.com/t/gtag.js

 

何が違うのか?何が変わるのか?

今までのanalytics.jsとgtag.jsで何が変わるのか?基本的な機能は変わらず、ページ・イベント・カスタムディメンション・拡張eコマース等計測する変数に関しての変更はありません。クロスドメインの設定なども引き続き必要です。コード観点での違いで言うと

■記述をしなくてもページビューをデフォルトで送ってくれる → 今まではga(‘send’, ‘pageview’);の記述が必要だったが、gtag.jsの中に含まれているので記載の必要がない

■「ウェブテスト」の機能が(まだ)含まれていない

■Datalayerのアプローチが(より)用いられている。拡張eコマースのような「変数名:変数」のセットが基本的な考え方になっている。例えばイベントであれば

という書き方が

という書き方に変わります(Migrate from analytics.js to gtag.js より)。

 イベント計測に関しては考え方に変更が

イベントに関しては、デフォルトの設定が用意されるようになりました。今までは、カテゴリ・アクション・ラベルをすべて設定する必要がありましたが、gtag.jsでは以下のように記載をすると

カテゴリ:engagement

アクション:login

ラベル:(not set)

loginという名称が設定されたので、カテゴリ・アクション・ラベルが自動的に決まります。そのため、3つの変数をすべて設定する必要が無くなり記述は楽になりました。予約語の一覧に関しては以下ページよりご確認ください。イベントカテゴリ・アクション・ラベルを指定することで上書きも可能です。

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/events

またイベントに対して任意のパラメータをつけられるようになるそうです。

今までは、カテゴリ・アクション・ラベル・値の4種類を使う形でしたが、それ以外の変数名を紐づけられるという形になります。こちらまだ画面の方が対応していないので、現在は利用することが出来ませんが、

gtag.js includes an event and parameter model that provides detailed reporting and allows you to benefit from future features and integrations as they become available

ということなので今後に期待です。

 

計測自体は現段階でできるのか?

こちら記述を直接追加する形、Google Tag ManagerのカスタムHTMLタグで追加する形式どちらも試してみましたが、計測(ページビュー・イベント・カスタムディメンションを検証)は確認した範囲では問題なく出来ておりました。

計測コードは以下の通りですが、今までのanalytics.jsと違い、プロパティIDを入れる場所が2か所あるので、両方とも変えるのを忘れないでください。また計測記述の追加推奨位置は<HEAD>の直後となっております。この辺りは今後の拡張を見据えてのこの位置なのかもしれません。

2か所にある「UA-xxxxxxx-x(プロパティID)」の差し替えが必要です。analytics.jsでは変更箇所が1か所だったので、両方とも変更を忘れないようにしましょう。

最後に

繰り返しになりますが、まだベータ版のため取り扱いには十分注意をしましょう。あくまでもテスト的に試してみるというのが現状のステータスかと。「ga.jsでの計測はいつか止まる」というアナウンスがあってから複数年立ちますが、まだ利用が出来ております。gtag.jsが出てきたことで、いよいよga.jsが使える期間が明確に定まるかもしれませんね。

現在ga.jsを使っているところがあれば、ベータ状態が外れたらgtag.jsに移るというのも選択肢の一つかもしれません。analytics.jsの場合は、機能面で明確な優位性が得られるまでは当面、今のままでは良いのではないでしょうか。

3~5年周期で新しいタグが出てきたGoogle アナリティクス。今後どのような進化を遂げるかが楽しみですね!


さあ、KOBITをスタートしよう。