KOBITブログ

第3話「Googleアナリティクス 登録・導入方法は?」 #マンガでわかるGoogleアナリティクス

この記事は約 6分 で読めます。

wakaba-eyecatch04

Googleアナリティクスの登録・導入方法は? トラッキングコードを貼り付ける位置は? アクセス解析初心者のわかばちゃんが実践します。
by 湊川あい(マンガ・解説文)

前回はこちら↓

第2話「Webサイトの現状を把握せよ!」 #マンガでわかるGoogleアナリティクス

第3話 「Googleアナリティクス 登録・導入方法は?」

ga01_017
ga01_018

誰でも簡単に始められる! Googleアナリティクス

アクセス解析の定番「Googleアナリティクス」。 Googleアカウントを持っていれば誰でも今すぐ、無料で始められます。

  • まずGoogleアナリティクスにあなたのWebサイトを登録します
  • すると、トラッキングコードと呼ばれる短いJavaScirptのソースコードがもらえます
  • それを各ページに記述するだけ!

さっそくやってみましょう。

GoogleアナリティクスにあなたのWebサイトを登録しよう

1. Google アナリティクスのWebサイトを開きます。 https://www.google.com/analytics/ ss-ga01 2. [ログイン]→[Googleアナリティクス]をクリックします。その後、Googleアカウントのログイン画面が開きますのでログインします。 ss-ga02 3. [お申し込み]をクリックします。 ss-ga04 4. [アカウント名]と[ウェブサイト名]を入力します。この項目は自由に名付けることができます。今後アクセス解析するサイトが増えたときに判別できるよう、わかりやすい名前をつけるとよいでしょう。 [ウェブサイトのURL]には、あなたのWebサイトのURLを貼付けましょう。 [業種]は、選択肢から適切なものを選びましょう。 [レポートのタイムゾーン]は、日本に設定します。 ss-ga05 5. [トラッキングIDを取得]をクリックします。 ss-ga06 Googleアナリティクスの利用規約が表示されます。同意する場合は「同意する」をクリックします。 ss-ga08 6. トラッキングコードが表示されました! 枠で囲まれた部分がトラッキングコードです。 ss-ga07

わかばちゃん 笑顔
やった〜!できた!

平さん
おいおい、これだけじゃアクセス解析は始まらないよ。 このトラッキングコードをWebサイトに埋めこんで初めて、計測され始めるんだ。

トラッキングコードをWebサイトに埋めこもう

先ほどのトラッキングコードをコピーしてきて、自分のWebサイトのソースコードに貼り付けます。

トラッキングコード貼り付け前

ss-ga09

貼り付け後

ss-ga10

平さん
Googleが推奨しているトラッキングコード貼り付け位置は、「head終了タグの直前」だよ。

平さん
そうそう、トラッキングコードは全ページに設置してね。ユーザーがせっかく来てくれても、そのページにトラッキングコードがなければ、Googleアナリティクスにアクセスデータを送ることができないんだ。

わかばちゃん
「トップページにだけ貼っていれば大丈夫だろう」と思ってたなんて言えない……!

効率的な設置方法いろいろ

わかばちゃん
全ページにひとつひとつトラッキングコードを書き込んでいくのは、さすがにめんどくさすぎません?

平さん
いいところに気がついたね。次のような方法があるから、試してみるといいよ。

外部ファイルにして読み込む方法

新規でJavaScriptファイルをひとつ作り(例:analyticstracking.js)、内容はトラッキングコードのみにします。 それをhead部分から呼び出すことで、今後Googleアナリティクスの仕様変更でトラッキングコードが変更されても、ひとつのファイルを修正するだけで済みます。

WordPressなどのCMSにGoogleアナリティクスを設置する方法

ヘッダー部分のテンプレートファイルに、トラッキングコードを直接貼り付けるのが簡単で確実な方法です。 プラグインを使って設置するのもいいですが、そのプラグイン自体がGoogleアナリティクスのアップデートに対応しているかも合わせて確認しましょう。

動的コンテンツにインクルードする方法

PHPなどでできた動的コンテンツの場合は、共通のインクルードファイルにトラッキングコードを貼り付けます。 ss-ga11

わかばちゃん 笑顔
ひとつのファイルを編集するだけで全ページに反映されるなんて最高だね!

ちゃんとアクセスが計測されているか確認しよう

トラッキングコードを設置し終わったら、アクセスが計測されているか確認してみましょう。
自分のWebサイトを開いた状態で、Googleアナリティクスの左サイドバーから[リアルタイム]→[概要]をクリックします。 ss-ga12
このようにユーザー数が表示されていれば、アナリティクスの設置完了です。

※自分自身のアクセスを計測から除外する方法はわかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本に収録しています

次回予告

ユーザー数・セッション数・ページビュー数の違い、後輩に説明できますか? わかばちゃんに教えてあげましょう。

無料プレゼント中! Googleアナリティクス完全ガイド

Googleアナリティクス完全ガイド

Google アナリティクス完全ガイド

Googleアナリティクスについて、より詳細にまとまった文献を読みたい場合は、こちらからダウンロードしてください。

  • 無料でダウンロード可能!
  • 121ページと大ボリューム!

社内研修などでもよく活用されており、これまで4000社以上の会社に愛読されてきました。

わかばちゃんもしかしてこの本にも、集客数アップのヒントが隠されているかも?

→さっそく読んでみる

キャラクター紹介

マンガでわかるGoogleアナリティクス キャラクター紹介

「わかばちゃんと学ぶ」シリーズの書籍

Webサイト制作に不可欠な「HTML・CSS」を楽しく学ぶなら

wakaba-book-html5css3
わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

著者:湊川あい
出版社:C&R研究所

バージョン管理ツール「Git」を楽しく学ぶなら

wakaba-book-git
わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

著者:湊川あい/監修:DQNEO
出版社:C&R研究所

著者紹介

kinnei

湊川 あい(みなとがわ あい)
絵を描くWebデザイナー。ベンチャー企業で、企画・制作・実行まで戦略を一貫させることの重要性を学ぶ。2014年からインターネット上で「マンガでわかるWebデザイン」を公開していたところ、出版の声がかかる。
マンガと図解で、物事をわかりやすく伝えることが好き。楽しみながら学べるコンテンツを制作・配信中。


さあ、KOBITをスタートしよう。