KOBITブログ

Search Consoleの新しい機能Index Coverage reportとAMP fixing flow reportとは?

この記事は約 4分 で読めます。

SEO - Search Technology Internet- Controller on Black Control Console with Blue Backlight. Improvement, Regulation, Control or Management Concept.

先月7月からGoogleは、Search Consoleの新しいデザインとインターフェイスのテストをしています。ユーザーにとって、より見やすく、自分のサイトの分析を行えるように綺麗なデザインに仕上がっているようです。

そんな中で、GoogleはSearch Consoleに新たな機能を2つ同時にリリースすることを発表しました。機能の名前は、それぞれIndex Coverage reportとAMP fixing flow reportというものです。それでは、1つ1つ説明していきたいと思います。

Index Coverage report

Index Coverage reportは、インデックスされているページ数を表示してくれる機能です。インデックスされている数は、これまでも閲覧できました。しかし、Index Coverage reportはそれだけではありません。

インデックスされなかったページがあれば、それが何なのか?何故インデックスされなかったのかを教えてくれます。その際、何が悪いのかを類似例を挙げて説明してくれるので、どの箇所を修正すれば良いのかも教えてくれます。

AMP fixing flow report

AMP(Accerelate Mobile Pages)は、非常にローディングスピードが速く、ユザビリティが高いページで、最近高い注目を集めています。しかし、ワードプレスなどのサードパーティプロバイダーを使用していない限り、1からコーディングしてAMPフォーマットを作成していかなければなりません。その際、もちろん、多少のコーディングミスが出てくることがあると思います。

AMP fixing flow reportは、問題のあるAMPコンテンツを探してくれて、どんな影響をサイトに与えているかを報告してくれます。同時に、何が問題で、何処を修正したら良いかも教えてくれます。下の画像がそのスクリーンの一部です。

screen-shot-2017-08-05-at-0-00-32

画像参照:Search Engine Land, Google releases details on new beta Search Console reports

「VERIFY&UPDATE GOOGLE」というボタンがあることに気づいたでしょうか。これは、問題点を修正後、このボタンを押すことで、「なおしたよー、Googleさん確認してね」という合図です。合図を受け取ると、Googleはそのページにクローラーを送り込み、状況確認してくれ、再度フィードバックしてくれます。

まとめ

いかがでしたか?どれもサイトをマネジメントするのに役立つ機能ですね。これらの機能へのアクセスは、数週間後に一部のユーザーに限って公開されるとのことです。

参照: Search Engine Land, 
Google beta testing brand-new Google Search Console design
Google releases details on new beta Search Console reports


さあ、KOBITをスタートしよう。