KOBITブログ

Facebookメッセンジャーフィード広告 遂に世界中で配信可能に!?

この記事は約 4分 で読めます。

Facebookメッセンジャーフィード広告を配信している様子

Facebookメッセンジャーフィード広告が、遂に世界中でリリースされることが発表されました。今年の1月の記事(ストーリーに、メッセンジャーフィード広告などなど!!今週Facebookアップデートが目白押し!)で紹介したときは、まだオーストラリアとタイの2ヶ国のみのテスト段階でした。しかし今回、アメリカでも日本でも、広告主は1億2000万人ものユーザーを抱えるメッセンジャーに広告を出すことが出来るようになります。

メッセンジャー広告の概要

広告はメッセンジャーのホーム画面に表示されます。下の画像のように、最新メッセージの下に広告は表示されます。フォーマットは、Facebookのフィード広告とほぼ同じものになっています。というのも、Facebook上で動かしている広告を、すぐにメッセンジャーにも載せることができるようにするためのようです。出稿方法は他のフォーマットと同様、Adマネージャーとパワーエディタからできます。

現在、この広告はWebトラフィックとコンバージョンを目的としたキャンペーンのみが企画可能ですが、facebook businessによれば、アプリインストールを目的とするオプションも追加していく予定のようです。

screen-shot-2017-07-16-at-2-54-36

画像参照:facebook business, Messenger Ads are Going Global 内にある動画のスクリーンショット

実際、テスト期間中にメッセンジャー広告を利用した、オーストラリアのファッションリテールストアDavid Jones社のマーケティングマネージャーは、次の様に述べています。

メッセンジャー広告は、我々のデジタル広告キャンペーンに力を与えてくれた。メッセンジャー上には我々のお客さんがたくさんいて、彼らにリーチできたことは、大きな助けでした。Facebook、Instagram、オーディエンスネットワーク、そしてメッセンジャーを通じて、今後広告運用を常に最適化し続けられると思う。

Facebook社の目的

メッセンジャー広告をリリースしたFacebook社の目的は、広告枠を増やすためでしょう。去年から問題になっているのは、Facebookアプリが抱える広告が飽和しかけていることです。そのため、毎年記録してきた規格外の増益が今後見込めなくなってしまうと言われていました。

それは、Facebook社自信も気づいていて、去年からinstagramやオーディエンスネットワークの広告を向上させ、多くの広告をFacebookアプリ外に流そうとしているのです。

メッセンジャー広告もその1つです。今では、Facebookを利用せずメッセンジャーだけを使うユーザーもいます。そういったユーザーをアプローチするために、メッセンジャー広告は大きな需要を満たすことでしょう。余った広告を流すには最適な場所かもしれませんね。

まとめ

最初にも述べたように、現在メッセンジャーは1億2000万人ものユーザーを抱えています。ここに広告を流せることは、広告運用担当者も嬉しいと思います。今後、アプリインストールを目的とした広告オプションも加わっていき、さらにグレードアップしていきます。まずは、一度利用してみて、効果をみてみるのが良いですね。パワーエディタから今Facebook上に流している広告をメッセンジャーにもプレイスできるので、試してみて下さい。

参照:
facebook business, Messenger Ads are Going Global 
Marketing Land, Facebook expands test to show News Feed-like ads in Messenger globally

 


さあ、KOBITをスタートしよう。