KOBITブログ

SEO内部対策について知っておきたいこと

この記事は約 9分 で読めます。

検索エンジンについて説明するビジネスマン

ここからは実際にSEOの実務的なノウハウについて紹介していきたいと思います。SEOの施策は、大きく「内部対策」と「外部対策」に分かれます。SEO対策を施したいサイト自体に手を加えて上位表示のための対策を行うのが内部対策です。一方、外部対策は、そのサイト自体ではなく、外部のサイトとの関係性(主にリンク)を構築することでサイトの評価の向上を図る施策です。第3章では、内部対策について取り上げたいと思います。

なお、内部施策については、「サイトの作り」を検索エンジンのアルゴリズムに最適な形にチューニングするという性質のため、実務上はどうしても「サイトの作り方」の知識(=html / css / etc…)が必要となります。今回の説明においてもなるべく基本から説明してはおりますが、実際の施策の実施にあたっては、専門家(制作担当者や制作会社)と十分な打ち合わせの上、行うようにしてください。

また今回、SEOの施策各項目の説明にあたり、質の高いSEOが施されているといわれる、「クックパッド」という料理のレシピサイトのケースを例に挙げて説明させていただきます。

SEOの要素に入る前に、「html・css」と「タグ」について簡単にご説明いたします。htmlとは、「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)」の略で、ウェブサイトの意味情報を記述するための言語です。cssとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、ウェブサイトのデザインや表示情報を記述するための言語です。厳密ではありませんが、今回の説明ではこのHTMLとcssとを合わせて大きく「html」と呼んで扱います。

下の図にクックパッドのあるページと、そのページを表示する元となっているhtmlファイル(ソースと呼びます)との画像を載せました。皆さんが普段目にするウェブサイトは左の写真のような内容ですが、そのページは、右図のようなhtmlによって成り立っています。

ウェブサイト上表示される文章は、html内にも同様に、テキストとして入力されています。もし、html内の文章が、この「テキスト情報」だけであれば、ウェブサイトには、windowsの「メモ帳」のような味気ないただの文字列となるでしょう。

これに「タグ」という情報を付与することによって、改行やレイアウト、文字の大きさや色、画像の利用などといった情報が修飾され、見た目にも美しい皆さんが普段目にするウェブサイトが出来上がります。また、html内には、実際のページには表示されない、「メタ情報」と呼ばれるような、「そのページがどのような内容を記述したものなのか」などの情報も記述されています。

右図において、「<」と「>」で挟まれた範囲の英語の文字列が、「タグ」です。この「<」と「>」で挟まれた文字列は、ウェブサイト上では表示されていないのが見てとれるのではないかと思います。

タイトルタグ

さて、そのようなウェブサイトで表示される情報を定義している「タグ」ですが、SEOでも最も重要な要素の1つといえるのが「タイトルタグ」です。タイトルタグは、ウェブページのウィンドウのタイトルとして表示されます。(下図)

また、検索エンジンにおける検索結果で、皆さんがクリックするリンクとして表示されるのも、このタイトルタグです。

タイトルタグは、そのページが何に関する情報を記述しているのかを端的に表現するべき場所のため、検索エンジンにも非常に重要視されています。また、タイトルタグ内のなるべく前の方にターゲットとなるキーワードが含まれている方が、より評価されます。これには、欧米言語においては重要なメッセージを先に持ってくるという語順が関係しています。日本語では重要な単語を最後の方に持ってくることとなるケースも多いため、SEOを意識したライティングをする場合には工夫が必要です。

また、「検索結果に表示された際にクリックしてもらえるような文章にする」ということもとても重要です。検索結果画面でのクリック率は、訪問者数にダイレクトな影響を与えますし、また、検索結果画面でのクリック率は検索順位の決定にも影響を与える要因の1つであるとも推測されています。

タイトルタグは、32文字以内で記述することをお勧めします。長いタイトルは検索結果では「…」となり表示されませんし、文字数が多すぎるとそれだけページの主旨が定まっていないと検索エンジンに判断されてしまい、評価が伝わりにくいからです。

また、サイト内には「同じタイトル」のページは存在させてないようにしましょう。例えば単純な「カレー レシピ」というタイトルのページが複数存在すると、そのワードが検索されたときに、検索エンジンがどのページを最上位に持ってくるかに迷ってしまい、評価がされにくくなってしまうからです。

サイトマップに、ページタイトルの一覧が表示されていることを想像してみてください。同じタイトルがたくさん表示されていたりすると、どのページに行けば良いかわからず混乱してしまいます。検索エンジンにおいても同じことが言えるのです。

<タイトルタグの具体例>

具体的には、タイトルタグは下記のような形となります。

【タイトルタグ例】

実務的には、タイトルタグにターゲットとなるキーワードを入れることはもちろんですが、検索結果で表示された際にそれがどのサイトのページかが分かるように、「サイト名」もぜひ入れておきたいところです。また、ターゲットとなる検索ワードとともに検索されるであろうサブのキーワードも入れておくと、そのワードが共に検索された際にさらに上位に表示されやすくなります。クックパッドの例を見ると、それらが見事に実現されていることが見て取れるのではないかと思います。

まず、ターゲットとなる「カレー」「レシピ」が真っ先に記述されています。その次に、サイト名となる「クックパッド」が来て、「簡単おいしいみんなのレシピが150万品」と、検索ユーザーの心を惹きつけるためのキャッチコピーが記載されています。また、レシピの検索のときによく使われるであろう「簡単」「おいしい」という文字を盛り込むことで、「カレー おいしい レシピ」などの検索ワードに対しても上位表示されるように最適化がされています。

このように、ページごとに、
「【ターゲットワード】【サイト名】【キャッチコピー】」、あるいは
「【ターゲットワード】【キャッチコピー】【サイト名】」のような形でタイトルタグを構成することが誰でも簡単にSEOの効果を高めることのできる方法としてオススメです。

ページ内のコンテンツ(キーワード比率)

タイトルとともに、とても重要なのが「そのページにどういうキーワードが使われているのか」です。当たり前といえば当たり前ですね。

例えば、500の単語で成り立っているページの中で、「カレー」という単語が1回しか出てこないページと10回出てくるページとであれば、後者の方が「カレー」に対してよりカレーに対する関連性の高い内容を述べているはずです。そのため、「カレー」という検索ワードに対しては、後者のページの方が上位に表示されやすいと言えます。このように、キーワードがどれくらいの頻度で出現するかのことを「キーワード比率」と呼んだりします。前者であれば「1/500=0.2%」後者であれば、「10/500=2%」です。

検索エンジンのアルゴリズムが発達していないころには、「キーワード比率は高ければ高い方が良い」時代などもありましたが、そのようなアルゴリズムだと、無理やりキーワードを詰め込んでありユーザーのためにならないようなページが上位に表示されてしまうため、特定のキーワードの割合が多すぎるページは評価が下がるようなアルゴリズムが開発されました。また、そのアルゴリズムも一時期は「5%前後が最良」などと言われたりもしましたが、それもそのノウハウが広まると、無理やりキーワード比率を5%に調整するような手段が横行したこともあり、現在ではもっと複雑なアルゴリズムとなっています。

そのため、「何%が適正」というような一概に言える基準はありません。単純なキーワードの割合ではなく、そのキーワードに関連する単語(例えばカレーであれば、「じゃがいも」「玉ねぎ」「インド」「ターメリック」「圧力鍋」etc…)がどのようなバランスで使われているかなども含め、複雑な要素を総合的に判断しスコアが決められています。

そのため、現在のSEOにおいては、キーワード出現頻度について具体的な数字を意識することはあまり重要ではありません。「ユーザーのためになる」ことを意識し、自然な文章を書いていれば基本的には大丈夫です。

<キーワード比率調整の具体例>

とはいえ、気を付けなければいけないことはあります。「テーマ性を絞る」ということです。何%になるかといった数字に気を付けるのではなく、「テーマ性がきちんと伝わる」ように気を付けることは重要です。例えば一つのページ内に、「カレー」と「シチュー」についての記述を均等にしてしまうと、「カレーについて」だけ知りたい人にとってはあまり充実していないページだという風に検索エンジンから判断され、上位表示されにくくなってしまいます。カレーについて伝えたいページには、カレーについての話題に絞って訴求することで、そのページのカレーに対するテーマ性が上がり、上位表示されやすくなります。

また、タイトルタグと同様、最初の文章や最初の段落において、対象キーワードに触れることも、評価を高める要因となります。


CATEGORY:

さあ、KOBITをスタートしよう。